Top > オフショア > VENUS シーズン始まりのイカメタル

VENUS シーズン始まりのイカメタル

久美浜より出船「VENUS」

6月も中盤をすぎると日本海の風物詩「イカメタル」の開幕

なかなか予定が合わずで出船できませんでしたが、急遽21日にS先生とともに試験釣行いってきました。

来月、仕事仲間と釣行予定なので、初心者の方でもやり易い釣り座とか仕掛けはどのくらい準備すればいいか?など考えながらの釣りでしたが、船長や同船者の方とも会話しながら、イカメタル調査開始

写真は、VenusさんHPより

出船時間は18時

久美浜湾から出船のVenusさん。18時に出船します。
出船前にあいさつして、道具を積み込みますが、バケツ一杯の氷を無料で準備してくれますので、クーラーボックスに入れて船に乗り込みます。

乗り場は少し船が高いので気を付けて乗船したいです。重い荷物はだれかに助けてもらいましょう!

いざ、出船となりますが、乗船名簿に記入して安全に釣りを行います。

当然のことですが、ライフジャケット着用でお願いします。

釣り場は、出船後15分で到着

ここ久美浜周辺にもシロイカのポイントが散在しており、出船して間もない場所で釣りが開始できます。また、6月はまだまだ日が長く、明るいうちに準備ができるのもいいところ。ポイントは40mくらいの水深なので初めての方でも底をとることができると思います。

釣り座についたら仕掛の準備をして、「メタル」と「ドロッパ―」というウキスッテを準備します。

水深と潮の速さから、タナがしっかりと取れる重さの設定をします。あまり流れるようであれば、重くしたほうがいいでしょう! アクションなどがとれないばかりか、他の人とのオマツリにも注意が必要です。

明るいうちは底付近。電気がつけば

イカメタルの基本的なアクションは、3つ

  1. シャクリ
  2. シェイク
  3. フォール

最重要ポイントは・・・・

「ステイ」

  1. イカメタルを底まで落とす
  2. 底取りできたらすぐにシャクル
  3. 糸を巻き取り
  4. ステイ
  5. 少し巻き上げ
  6. ステイ
  7. 時々「シェイク」
  8. ステイ
  9. ある程度巻き上げてたら再び底まで落とす
  10. 2から8を繰り返す

明かりがついたら、ベイトというイカが捕食する魚が中層に浮いてくるので、その周辺でアクション ステイを行います。

イカメタルで最も大切なこと

一応、アクションを付けて止める(ステイ)することが、イカメタルの釣り方ですが、最も重要なことは、タナを安定して攻めること。隣の方がヒットしたら何メートルくらいか確認しましょう。その周辺でアクションするとアタリが続きます。

自分だけ、違うタナをしてしまうと、釣れることもありますが、数の伸びは難しくなると思います。特にイカの群れが小さいときは苦労します。


釣れているタナ10m付近でアクションすべし!アクションからのステイで釣果が変わる

釣果は

18時から23時50分まで

30杯

  • バトルウィップ 69TL-B
  • グラップラプレミアム
  • PE 0.8号
  • リーダー 4号
  • DUEL EZ-ベイトメタル 20-15-12号
  • DUEL EZ-スリム WHRH BLBH BLPH

40杯

  • CROSTAGE CRXJ-B702H/NS
  • バルケッタCI
  • PE 0.8号
  • リーダー 4号
  • DUEL EZ-ベイトメタル 20-15号
  • DUEL EZ-スリム WHRH BLBH BLPH

重めのリグでやっていましtが、最終的には12号でもやれました。今回は、派手目のアクションよりは、少し揺らすくらいから止めるといい感じにイカがのりました。22時過ぎたアタリからよく乗ったかんじでした。

メタルカラは、定番の赤緑がよかったよういです。ドロッパ―は、同じく赤白、赤緑がよかった。

手返しから考えるとスピニングタックルで広範囲を斜め引きするといい感じのサイズも上がっていましたね。

タイラバで使っているリールを流用しましたが、これは少し重い感じで5時間の釣りには少し堪えました。

オフショア

関連エントリー
6月 イカメタル調査VENUS シーズン始まりのイカメタル竹野 「白い長ぐつ」 イカメタル おはつですぅ浅茂川 オーシャンズ イカメタル久美浜 ビーナス イカメタルイカメタル 新子のアタリがわかる オーシャンズイカメタルメソッド 注入で納得の25杯 ZEUSイカメタル始めましたぁZEUS ジギングで鰤、真鯛!グランブルー ジギング 3月の海は冷たかった。